MENU

open

HOME > ネズミ駆除状況「東京都」

HOME > ネズミ駆除状況「東京都」

ネズミ駆除状況「東京都」

専門業者に相談してみよう

アナウンス

お問い合わせ

女性

電話番号

インターネット

東京都ネズミ駆除状況

 東京都は、平成28年3月末時点で人口1353万人を超える日本最大の都市で、日本の人口は12,000万人と言われている中で、東京都は実に11%を超える人々が住み人口密集地域でもあります。

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区の23の特別区と、

八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、日野市、国分寺市、国立市、狛江市、東大和市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、小平市、東村山市、西東京市、清瀬市、東久留米市、青梅市、福生市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町の30の市町村と、

大島町、八丈町、利島町、新島町、神津島町、三宅島町、御蔵島町、青ヶ島村、小笠原村の9つの島しょ地域から成り立っています。

東京都の前進である東京府は、江戸時代に徳川家康が1603年に江戸幕府を開き、1868年の江戸城無血開城後に東京府が設置され、東京府の府庁所在地として東京市(現在の東京23区に相当する地域)が東京府が廃止される1943年まで存在していました。

現在は、東京都には、新宿・渋谷・池袋・上野・銀座・秋葉原・吉祥寺などの繁華街や、外国人観光客に人気のあるスカイツリーや浅草寺、東京タワーや増上寺、築地市場などの観光地もあり、郊外の多摩地域にはベットタウンやよみうりランドなどの遊園地、井の頭公園や高尾山

など自然に近い場所地域もあります。

東京都は、都道府県の島が多いランキングでは第6位で330の島があります。2013年頃、東京の南約1000Kmに位置する小笠原諸島の西ノ島付近で海底火山の噴火があり、溶岩流によって西ノ島とつながり、あの有名キャラクターと酷似して有名になった西ノ島は東京都です。

東京都には、日本の行政機関である1府13省庁が設置されています。その中の文部科学省に設置されているスポーツ庁は、2020年のオリンピック開催の準備運営を行っています。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックは、夏季大会の第1回目が開催され1896年ギリシャのアテネ大会から32回目の開催地となり、2020年の7月に向け関係各所で活発な動きが始まってきています。

 

東京都の「ネズミと衛生害虫対策」

 

 東京都における「ネズミと衛生害虫対策」は戦前の明治時代まで遡ります。明治30年には【伝染病予防法】が制定され、明治38年にはペスト予防の見地からネズミの駆除が取り入れられました。

その後、大正11年には、ハエ・蚊・ノミなどの伝染病を媒介する衛生害虫の駆除も伝染病流行を防疫する手段として実施されるようになりました。環境衛生という部分は今現在でも日々言われておりますが、昭和20年代に「ゴミの焼却処理」、「下水溝の清掃」、「雑草除去」など現代にも通ずる教育を都民に行い始めました。その後、高度経済成長に入った昭和30年代には、黒ゴキブリや毒蛾の大量発生が目立ち始め、昭和40年代には、東京湾に作られた「夢の島」にドブネズミやハエの大量発生が起こりました。同時期に東京都内のビルでは、チカイエカやチョウバエが発生し始め、集合住宅ではコナダニの害虫被害が増え始めました。

 昭和45年に【建築物における衛生的環境の確保に関する法律(通称:建築物衛生法)】が制定され、法律の対象となる建築物に対し設備の指導と、ネズミや衛生害虫対策の指導を実施するようになりました。

平成の時代に入っても、ネズミによる被害は収まることなく続いています。昭和30年代はドブネズミが全体の60%ほど確認されていましたが、昭和40年頃の調査では、ドブネズミは10%ほどになり、クマネズミが90%という驚異的な巻き返しが確認され、今現在もドブネズミとクマネズミによる被害が99%となっております。東京都のネズミによる被害相談件数は年間で2,000件以上と被害が収まる様子はありません。

 ネズミによる被害は、サルモネラ菌などの【伝染症】やイエダニなどによる【皮膚炎】、飲食店では食中毒、民家では不眠などの【精神障害】

商品や配線などを齧る【物理被害(経済被害)】が報告されています。

東京都はネズミ防除として、パンフレット配布や相談を受けつつ、【環境的防除】【科学的防除】【物理的防除】を推進しております。

 

 東京都の食品関係営業施設は約29万件あり、全国の食品関係営業施設の約10%が集中しています。地域にもよりますが、飲食店のうち30%の店舗では店舗内でネズミを見かけたことがあるそうです。

 

(株)三共クリーンシステム ネズミ駆除対策室

 

ネズミ駆除について、詳しくはこちらから

4つの安心

  • 追加料金一切なし
  • 経験豊富なネズミ駆除のプロ
  • 再発保障
  • お客様満足度90%以上の実績

登録番号

駆除完了までの手順

無料対応 お問い合わせ

害虫/害獣駆除・退治でお困りの方、まずはお気軽にご連絡ください。

0120-49-0877

受付時間 8:00 18:00 年中無休

インターネットで24時間受付中

無料対応 訪問・調査

まずは現地に調査に伺わせていただきます。お急ぎの場合、当日か翌日にお伺いする事も可能です。

無料対応 お見積り

現地調査後、御見積書をFAX・メール、また郵送にてお送りいたしますのでじっくりご検討ください。

ご依頼

駆除・退治内容と御見積書にご納得頂けましたら、正式にご依頼ください。駆除・退治の日時などを調整いたします。

駆除・退治

当社の経験豊富な駆除・退治のプロがお伺いし、お客様の家の状況に応じて適切な処置を実施いたします。

完了

駆除・退治の完了報告。アフターフォローも確実に対応いたしますのでご安心ください。

ネズミ駆除について、詳しくはこちらから


サービス案内

  • ネズミ
  • ハクビシン・アライグマ
  • コウモリ
  • ハト
  • ハチ・スズメバチ
  • シロアリ
  • ゴキブリ
  • カメムシ
  • ムカデ・ヤスデ
  • ダニ

最新の駆除レポート

IPMによるネズミ・害虫対策の流れ

お問い合わせはこちら

0120-49-0877

受付時間 8:00 18:00 年中無休

インターネットで24時間受付中